【柔整 各論】上腕骨外科頸外転型骨折

上腕骨外科頸外転型骨折 診察(必修)

発生

・好発年齢:高齢者

・介達外力による発生が多い。(肘や手を衝く)

 

内転型・外転型の違い

上腕骨軸 近位骨片 遠位骨片 変形 固定
外転型 骨折端部内方 軽度内転 軽度外転 前内方凸 内転位
内転型 骨折端部外方 軽度外転 軽度内転 前外方凸 外転位

 

症状

・上腕軸の骨折端は内側に向き前内方凸変形

・腫脹著明

・皮下出血:経時的に上腕内側から肘,前胸部に出現

・異常性可動性,軋轢音:咬合が多く確認できないことがある。

・機能障害:噛合骨折の場合わずかに自動運動可能

・肘屈曲位で軸圧痛

・限局性圧痛

 

肩関節前方脱臼との鑑別ポイント

上腕骨外科頸骨折 肩関節前方脱臼
肩の膨隆 血腫著明 膨隆消失
骨頭 肩峰下に触知 位置異常
関節運動 ある程度可能 弾発性固定

 

合併症

・肩関節脱臼

・腋窩神経損傷

・腋窩動脈損傷

・関節不安定性

上腕骨外科頸骨折 整復(必修)

整復前の合併症確認

腋窩動脈損傷⇒橈骨動脈の拍動確認

腋窩神経損傷⇒三角筋部の感覚確認

患者の脱衣:健側から脱衣,脱衣時に患肢保持する。

整復操作

患者

背臥位とする。

第1助手

患者頭側に立ち帯などで上内方に牽引・固定。

第2助手

①肘90度屈曲位で上腕遠位部および前腕把持。

➁牽引しながら上腕部外転【短縮除去】

➂牽引したまま内転【内方転位除去】

④牽引を持続し遠位骨片を前方挙上

術者

・第2助手の③と同時に骨折端を外方引き出し【内転除去】

・第2助手の④と同時に,小指球で遠位骨片を前方から圧迫【前方転位整復】

整復後確認

・全身状態の確認⇒特に高齢者

・変形消失

・腋窩神経,腋窩動脈損傷の確認

上腕骨外科頸骨折 固定

材料:金属副子,すだれ副子,綿花枕子,巻軸包帯

肢位

肩関節外転30°、水平屈曲30~40°

肘関節屈曲90°、前腕中間位

固定法

➀腋窩枕子挿入、外側遠位に綿花枕子,内外側からすだれ副子固定。

➁骨折部前面に綿花枕子をあて、スダレ副子を前後側から固定。

➂金属副子を肩関節部から手MP関節部手前まであてる。

➃固定材料と共に患肢を包帯でまく。

特殊な外科頸骨折固定:ハンディングキャスト

固定後の確認

・腋窩神経,腋窩動脈を圧迫していないか確認。

・強固な固定,長期の固定は(肩・肘)関節拘縮なりやすいので注意。

 

予後

骨癒合は良好であるが肩関節の可動域制限を残しやすい。

 

参考文献

柔道整復学 理論編 第6版 南江堂

柔道整復学 実技編 第2版 南江堂

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい