徒手検査法 ライトテスト

ライトテスト

目的

胸郭出口症候群の鑑別

意義

上肢を過外転していくと鎖骨は後方へ回転し、肩甲帯は後方に引かれて第1肋骨と鎖骨の間隙および烏口突起下で小胸筋と胸壁の間が狭くなり、腕神経叢や鎖骨下動脈が圧迫されやすくなる

実施法

患者:座位で肩関節外転・外旋位

術者:患者の橈骨動脈の拍動を確認する

判定:橈骨動脈拍動消失で過外転症候群陽性

参考文献

柔道整復学 理論編 第6版 南江堂

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい