整形外科学 腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症

疾患概念

椎体間に転位が生じている状態

上位椎体が下位椎体に対し前方に転位する前方滑りが多い

腰椎分離症に続発する場合は腰椎分離すべり症と呼ぶ

分類

分離すべり症:椎弓の連続性が絶たれている状態

変性すべり症:加齢による椎間板、後方関節の支持性低下

 

症状

腰痛、下肢痛が主症状

分離すべり症:馬尾神経・神経根障害少ない

変性すべり症:高度に馬尾神経根症状高度に発生

 

診断

腰椎側面画像で診断可能

Ⅹ線:テリアの首輪像

治療

腰部脊柱管狭窄症の一病変として治療

参考文献

整形外科学 改訂第4版 南江堂

ポケット整形外科学ハンドブック 改訂第5版

 

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい

1件の返信