柔道整復学 理論編 前腕骨近位端部骨折

前腕骨近位端部骨折

a.橈骨近位端部骨折

(発生)


・介達外力:前腕回内位で手掌をつく
頭部→成人 頸部→小児
・関節包内骨折

(症状)

➀腫脹:関節内のため比較的軽度
➁疼痛:前腕回旋運動、長軸圧、完全伸展時に激痛
③機能障害:回旋障害、肘の屈伸
➃変形:外反変形

(整復法)

患者:背臥位で患肢伸展
助手:上腕を固定
術者:患肢と同側の手で手関節を握り、他方の手で肘を保持し患肢前腕を内転させる。
肘を握っている手の母指を転位した橈骨近位端上に置き、十分な牽引とともに橈骨頭を上内側へ強く圧迫する。
次に前腕を回外のまま肘関節を鋭角屈曲させる

(固定)

肢位:直角屈曲位、前腕回外
範囲:上腕近位端からMP関節手前まで
期間:小児2~3週間 成人3~4週間

(合併・後遺症)

➀上腕骨小頭骨折、内側上顆骨折、肘頭骨折、肘関節後方脱臼
➁関節内遊離体
➂骨折線の早期閉鎖⇒外反肘
※肘関節機能障害残すケースもあり

※内反肘変形起こしやすい骨折:上腕骨骨幹部骨折(肘に近い部位)、上腕骨顆上骨折
※外反肘骨折起こしやすい骨折:上腕骨外顆骨折、橈骨近位端部骨折

 

b.肘頭骨折

 

(発生)


・成人>小児
直達外力:肘屈曲位で肘頭強打
介達外力:肘過伸展で、肘頭が上腕骨遠位端の肘頭窩と衝突(前方脱臼)。上腕三頭筋による裂離骨折

(分類)

a.裂離骨折
b.完全骨折
c.関節外型
d.粉砕型

転位のない骨折もあるが、通常は近位骨片が中枢に数mmから数cm移動する。

(症状)

➀疼痛
➁腫脹:波動を触れることがある
➂陥凹の触知
➃変形
⑤運動障害:屈曲可能。伸展制限。

(合併症)

➀肘関節前方脱臼
➁尺骨神経麻痺

(整復)

患者:肘伸展位
術者:上腕三頭筋の弛緩を図り転位骨片への牽引力を除き、両母指で近位骨片を遠位方向に押圧を加えて適合。
1cm以上の離開は観血療法

(固定)

範囲:上腕近位端~MP手前まで
肢位:肘伸展、回外位

※肘伸展位で固定する骨折:肘頭骨折、モンテギア骨折屈曲型

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい