徒手検査法 エデンテスト

エデンテスト

目的

胸郭出口症候群の鑑別

意義

患側上肢を後下方に引き下げる事で鎖骨・第1肋骨あるいは頸肋との間隙を狭くして橈骨動脈の拍動を消失させる

陽性率:30%程度

実施法

患者:座位、胸を張り方を後方に引いた姿勢をとらせる

術者:患者の腕を後方に引き、橈骨動脈の変化を調べる

判定

橈骨動脈の減弱、症状の誘発または増悪

参考文献

柔道整復学 理論編 第6版 南江堂

 

 

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2020年11月25日

    […] エデンテスト:患側上肢を後下方に引き下げる⇒橈骨動脈の減弱 […]