柔道整復学 理論編 上腕骨骨幹部骨折

上腕骨骨幹部骨折

(発生)

直達外力:横、粉砕、軽度の斜骨折


介達外力:手掌や肘をつく。筋力作用(投球骨折・腕相撲骨折)

(症状)

➀変形
三角筋付着部より近位での骨折→前外方凸
近位骨片:内方転位(大胸筋、大円筋、広背筋)
遠位骨片:外上方転位(三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、烏口腕筋)

三角筋付着部よりも遠位での骨折
近位骨片:前外上方(三角筋)
遠位骨片:後上方(上腕二頭筋、上腕三頭筋)

➁疼痛
③腫脹
➃皮下出血:上腕内側から肘関節、前腕内側
⑤機能障害:上肢の使用不能。前腕の回旋、手関節の運動にあまり障害を受けない
⑥異常可動性

(整復)
三角筋付着部より近位での骨折
患者:背臥位、肩外転位
第1助手:肩部を固定
第2助手:肘関節を屈曲させて、上腕の筋を緩ませて肘関節を末梢牽引を徐々に行う。
牽引後、遠位骨片を外転させて骨折部を接合の後に内転させる
術者:遠位骨片を後方に圧迫し骨折部を接合した後に骨折部に前方から圧迫を加えると同時に第2助手に前方挙上させる

三角筋付着部より遠位での骨折
患者:背臥位、肩外転位
第1助手:肩部を固定
第2助手:近位骨片骨軸に合わさるように遠位骨片を外転させる。
次に遠位骨片を内転させて術者が骨折部を接合させ内転させる
術者:近位骨片を前方から圧迫すると同時に第2助手は遠位骨片を前方挙上させる

(固定)

範囲:肩関節から手関節まで
肢位
三角筋付着部より近位での骨折:肩0°~軽度外転。徐々に外転を強めていく
三角筋付着部より遠位での骨折:肩外転70°、水平屈曲30~45°、肘90°、中間位

 

(合併症)

➀偽関節:接触面積小さく、緻密質、固定困難と悪条件
➁橈骨神経麻痺:整復時損傷、治療中の仮骨により埋没

(予後)

内反変形、短縮転位:機能障害の原因にならない
偽関節、橈骨神経麻痺:予後不良

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい