柔道整復学 理論編 前腕骨骨幹部骨折

前腕骨骨幹部骨折

a.橈骨単独骨折

 

(発生)

介達外力:手掌をついて転倒
直達外力:前腕橈側部を強打

 

(転位)

円回内筋より近位での骨折
近位骨片:回外、屈曲位(回外筋、上腕二頭筋)
遠位骨片:回内位(円回内筋、方形回内筋)

円回内筋より遠位での骨折
近位骨片:中間位(回外筋、上腕二頭筋と円回内筋の拮抗)
遠位骨片:回内位(方形回内筋)

(症状)
➀変形
➁腫脹
➂疼痛
➃機能障害:肘関節、前腕回旋障害
⑤軋轢音、異常可動性

(整復法)
円回内筋より近位での骨折
患者:背臥位、肩外転位、肘直角
術者:手関節把握し末梢牽引しながら回外させていきもう一方の手で骨折部に圧迫を加える

円回内筋より遠位での骨折
患者:背臥位、肩外転位、肘直角
術者:手関節把握し回内回外中間位で末梢牽引しながら、もう一方の手で骨折部に圧迫を加える

(固定)
範囲:上腕中央~MP手前
肢位:肩外転位、肘直角位。
円回内筋より近位での骨折→回外位
円回内筋より遠位での骨折→中間位

 

ガレアジ骨折(逆モンテギア)

橈骨中下1/3境界部骨折+尺骨頭脱臼

(治療)
円回内筋付着部より末梢の骨折として処置
・尺骨神経損傷
・前腕回内、回外制限

b.尺骨単独骨折

モンテギア骨折

 

尺骨骨幹部上中1/3境界部の骨折+橈骨頭脱臼
(分類)
伸展型(前方型)
尺骨⇒前方かつ外方凸の屈曲変形
橈骨頭⇒前外方に脱臼

屈曲型(後方型)まれ
尺骨⇒後方凸の屈曲変形
橈骨頭⇒後方脱臼

(整復)

まず骨折から整復する。(普通の脱臼骨折とは逆)
伸展型
患者:肘屈曲位
第1助手:上腕固定
第2助手:回外位で牽引
術者:骨折部を背側に圧迫、橈骨頭を後内方に押し込む

屈曲型
患者:肘伸展位
第1助手:上腕固定
第2助手:回外位で牽引
術者:尺骨骨折部の屈曲転位の頂点に背側に圧迫、橈骨頭を後内方に押し込む

(固定)

伸展型
肢位:肘屈曲、回外位
範囲:上腕近位端~MP手前

屈曲型
肢位:肘伸展位、回外位
範囲:上腕近位端~MP手前

(合併症)

➀橈骨頭の再脱臼
➁尺骨骨折の遷延治癒・偽関節
③尺骨骨幹部の屈曲変形
橈骨神経麻痺(後骨間神経麻痺)
⇒下垂手
長橈側手根伸筋は障害されないので背屈はできる

橈骨神経
浅枝:感覚枝
深枝:運動枝(後骨間神経)
後骨間神経麻痺は運動枝のため感覚障害はない

後骨間神経は短橈側手根伸筋、回外筋を支配しフローゼ腱弓を通り前腕伸筋に向かう

 

c.橈尺両骨骨幹部骨折

橈骨単独骨折より治療が困難な理由
1. 解剖学的整復困難
2. 遠位骨片の回内転位と共に両骨折端が隣接しやすく再転位しやすい
3. 再転位をふせぐために緊縛包帯⇒循環不全
4. 遷延治癒、偽関節が生じやすい
5. 両骨間に橋状仮骨を作り回旋障害
6. 長期固定により可動域制限

 

(発生)

直達外力:横骨折
介達外力:手掌をつく。斜骨折、橈骨が近位になる

(転位)

橈骨単独骨折に似る

定型的転位

円回内筋よりも近位での骨折
近位骨片:回外、外転、屈曲(上腕二頭筋、円回内筋)
遠位骨片:回内(円回内筋、方形回内筋)

 

円回内筋よりも遠位での骨折
近位骨片:中間位(円回内筋=上腕二頭筋、回外筋)
遠位骨片:回内位(円回内筋)

(症状)

1. 肘軽度屈曲もしくは伸展
2. 骨折部変形
3. 腫脹
4. 自発痛、圧痛、運動痛
5. 異常可動性、軋轢音
6. 前腕部の機能障害(特に回旋障害)

(整復法)

患者:座位または背臥位で肘90°
回外位(円回内筋よりも近位の場合)、中間位(円回内筋よりも遠位)
第1助手:上腕固定
第2助手:患肢の手関節把持し、前腕回外位で末梢けん引
術者:まず尺骨の近位骨片を掌側から、遠位骨片を背側から圧迫
次に橈骨は近位骨片に対して遠位骨片が回内しているために牽引したまま掌側から圧迫を加えながら前腕を回外位にして整復する

(固定)

範囲:上腕中央~MP関節手前
肢位:肘90°回外位(円回内筋よりも近位)、中間位(円回内筋よりも遠位)

(後遺症)

1. 変形治癒
2. 偽関節
3. 橋状仮骨
4. 遷延治癒
5. 前腕回旋障害
6. 阻血性壊死

※捻転、短縮転位を残すと偽関節、遷延治癒、回旋障害を残しやすい

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい