柔道整復学 理論編 大腿骨近位端部骨折

大腿骨近位端部骨折

大腿骨近位端部骨折分類

a.大腿骨骨頭部骨折

b.大腿骨頸部骨折

c.大腿骨転子部
c1.転子部骨折
c2.大転子部骨折
c3.小転子部骨折

d.大腿骨転子下骨折

a. 骨頭部骨折

概説
・関節包内骨折
・高エネルギー外傷⇒ダッシュボード損傷や労働災害
発生
・発生頻度 低い
・骨頭の圧迫骨折や頸部から波及、股関節脱臼に合併したものがある

症状
・股関節の打撲様症状(疼痛、腫脹、運動障害)

治療
・持続牽引
・患側下肢の免荷
⇒ギプスによる強固な固定は避けた方がよい
運動
比較的早期から自動運動開始するが荷重時期は慎重に判断すべき

b.大腿骨頸部骨折

概説
・骨粗鬆症の高齢者に多発
・関節包内骨折⇒偽関節好発
・歩行の有無だけでは判断できない
発生
・転倒時に大転子部をうった際に、長軸圧、せん断力、屈曲力などが働き発生
・歩行や起立動作で捻転力、屈曲力が加わり発生

骨折型による分類
1. 内転型骨折:発生頻度高い 骨折部は内反
2. 外転型骨折:発生頻度低い 骨折部は外反 骨折部は噛合していて離開すると内転型になる

頻度 骨折部の変形 下肢の短縮
内転型骨折 高い 内反 短縮
外転型骨折 低い 外反、咬合 明確でない

外転型                内転型

症状
1. 機能障害:下肢伸展挙上不能
2. 下肢の短縮:内転型⇒棘下長短縮 外転型⇒明確でない
3. 骨折後の肢位:内転型⇒下肢外旋(ヒールパームテスト) 外転型⇒高度な外旋はみられない
4. 腫脹:明確でない
5. 疼痛:スカルパ三角に圧痛、大転子部・踵部に叩打痛

スカルパ三角

治療法
1. 内転型骨折:人工関節置換術
2. 外転型骨折:多くは観血療法。噛合している外転型(パウエル1度)⇒免荷固定で保存可能

持続牽引、副子固定
⇒全身状態良好で、不全骨折や外転型骨折に用いられる

固定後の留意点
・高齢者の固定:続発症に注意⇒長期固定、臥床
・可動域制限:固定期間中の四頭筋を中心とした膝関節の運動、全身の運動

後療法
ADL回復目的による運動療法

治療困難な理由
➀大腿骨頸部が骨膜性仮骨の形成に欠ける
➁大腿骨頭を養う血管が骨折により絶たれる
➂骨癒合に不利な力が加わる⇒せん断力
➃高齢者

合併症
➀阻血性大腿骨頭壊死
➁偽関節
➂遷延治癒
➃認知症
⑤沈下性肺炎
⑥褥瘡
⑦深部静脈血栓症
⑧尿路感染
※➃~⑧は続発症

パウエル分類
第1度骨折:30°以下で骨折部に働く力が骨癒合に有効に働くもの
第2度骨折:30°~70°の間で骨折面にせん断力が働き骨癒合困難なもの
第3度骨折:70°以上で2度より不良なもの

ガーデン分類
StageⅠ:転位のある不全骨折
StageⅡ:完全骨折で転位のないもの
StageⅢ:完全骨折で部分転位
StageⅣ:完全骨折で完全転位

c.大腿骨転子部骨折

C1 転子部骨折

概説
・関節包外骨折
・海面質での骨折⇒血流豊富

発生
・転倒時に大転子強打
・転倒時に膝から接地
※高齢者の低エネルギー外傷が多い

症状
(1)起立歩行が不能
(2)下肢著明に短縮し内旋
(3)股関節内反
(4)大転子部に腫脹
(5)皮下出血⇒大腿、臀部に波及
(6)介達痛⇒大転子部
(7)異常可動性⇒認めるが股関節運動と区別しにくい

治療法
骨接合術
内固定材料⇒CHS、DHS

C2 大転子単独骨折

発生
頻度⇒低い
直達外力、中・小殿筋の急激な収縮。骨片離開することがある
症状:通常の骨折症状。外転力低下
整復・固定
転位軽度:軽度外転位で骨折部を直圧し整復
転位なし:股関節外転位で6週間固定
整復位がえられないケース:観血療法

C3小転子単独骨折

発生
きわめてまれ
小児、高齢者にみられる

小児:腸腰筋の牽引による裂離骨折。骨端線離開型で発生
高齢者:単独はまれで頸部骨折や大転子骨折に合併。整復位が得られない⇒観血療法
症状:ルドルフ徴候(+)
※ルドルフ徴候:台の縁から下腿を垂らして座り、股関節を自動屈曲させてできない状態
股0~90°までの屈曲⇒大腿直筋
股90°以降の屈曲⇒腸腰筋

 

d.大腿骨転子下骨折


概説
・交通事故や転落事故などの高エネルギー外傷
・青壮年に多い
・転子部と骨幹部の移行部に骨折線があるもの
症状
転子部骨折に類似。骨片転位は大腿骨骨幹部近位1/3部骨折に類似
※腫瘍の好発部位でもあるので鑑別が必要

治療
観血療法⇒正常な下肢長の回復、捻転転位の整復、内反変形の防止を目的

youtube

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい