柔道整復学 理論編 腰部の損傷(骨折、脱臼、軟部組織損傷)

腰部の損傷

腰椎骨折

1.下位腰椎圧迫骨折

腰椎の中では発生少ない
高所からの落下
発生
脊柱に垂直軸方向の圧迫力、腰椎部の強い屈曲力

 

症状・所見
・起位動作、寝返り動作、日常生活の脊柱運動で腰背部や側腹部に疼痛
・棘突起圧痛、叩打痛
・安定型⇒脊損は少ない。下肢後面のシビレ様放散痛を訴える症例がある

治療法
・経皮的椎体形成術(骨セメント療法)などが多い
・不安定性大⇒脊椎固定術

※経皮的椎体形成術(骨セメント療法)
圧迫骨折の治療法の一つで、圧迫骨折によりつぶれた椎骨をセメントで整復する治療である。

2.チャンス骨折

発生
・交通事故などで起こる損傷
・急激な屈曲力により椎体部分に圧迫力、椎弓後部に牽引力
症状
・椎体、椎弓根、椎弓に骨折線
・疼痛による起立、歩行、前屈制限
・棘突起部に限局性圧痛
・腹部にシートベルト圧痕
・脊損⇒少ない

3.腰椎椎体破裂骨折

(発生)
脊柱に軸圧が働き椎体全体が圧迫され、椎間板が椎体内に嵌入し椎体が破裂する骨折
胸腰椎移行部、腰椎部に好発
脊髄・馬尾神経障害を高頻度で合併

4.腰椎肋骨突起(横突起)骨折

(発生)
直達外力が多い

介達外力(大腰筋、腰方形筋)によるものある

第3腰椎に多い
(症状)
・局所に強い腫脹・圧痛

・運動痛:股関節屈曲時痛

・体幹を健側に側屈すると疼痛増強(パイル徴候)

腰椎の脱臼

・単独脱臼はきわめてまれ
理由
・腰椎は大きく、椎間板・椎間靭帯群の静的支持性が高い
・内、外寛骨筋群、脊柱起立筋群などが前後の安定に働いている
・可動性が大きい割に動的安定性が高い

腰部の軟部組織損傷

腰椎(腰部)の捻挫分類
1.関節性
2.靭帯性
3.筋・筋膜性

1.関節性

a.椎間関節
椎間関節の関節包の炎症。いわゆるギックリ腰

症状
・腰痛発作として現れる(ファセットシンドローム)
・激痛軽減後、起床時や長い時間座った後に立ち上がる時など、動き始めに痛みを強く訴えるが日中の痛みは軽快する傾向
・下肢症状⇒少ない
・仙腸関節痛もある

b.椎体間連結(椎間板性連結)
発生
長時間の座位、朝の洗顔時の掃除、台所仕事の中腰姿勢
症状
はっきりしない腰部鈍痛
寛骨筋群への関連痛
下肢への神経症状⇒少ない(ラゼーグ、ブラガード陰性)

2.靭帯性

a.椎骨部の連結(棘上靭帯、黄色靭帯、棘間靭帯)
発生
・腰部の過度前屈位で重量物を運搬する際に発生
・コンタクトスポーツ⇒棘上靭帯、棘間靭帯の炎症、損傷(スプラングバック)
・中年以降⇒棘上靭帯、棘間靭帯、脊柱起立筋の退行性変性により、保護機能低下
症状
圧痛、中腰姿勢で前屈位での運動痛

b.仙腸関節の靭帯(前・後仙腸靭帯、骨間靭帯、仙結節靭帯、仙棘靭帯)
発生
・スポーツ活動などの損傷
・日常生活、就労での不良姿勢
症状
・仙腸関節部、下臀部の疼痛、圧痛
・体幹前屈痛、内外旋痛
検査法
・ニュートンテスト
・逆パトリック

通常のパトリック

3.筋・筋膜性

a.腰部
線維性結合組織の無菌性炎症性疼痛
急性腰痛発作(魔女の一撃)とも呼ばれる

発生
急激な体幹の動きなどで仙棘筋の線維性結合組織損傷として発生

疼痛機序
多裂筋、腰腸肋筋などの筋膜の痛みとされ、筋線維の充血・腫脹により筋膜内の自由神経終末の刺激と考えて
られている

症状
・罹患筋のスパズム
・圧痛
・可動域制限

再発例、亜急性移行例
・長時間の歩行時痛、夕方からの疼痛
⇒筋持久力の低下⇒前屈位⇒筋内圧上昇(コンパートメント様症状)
エコー
・筋内血腫、皮下血腫の貯留による低エコー
・筋線維パターンの不整像
・筋硬結部の高エコー

b.仙骨部、臀部
腰部損傷と同様に筋膜や筋自体の微細損傷
梨状筋損傷⇒打撲や挫傷の後に発症(梨状筋症候群)
発生
重量物の挙上

症状
・一側の腰痛、下肢痛
・座位、股内旋時に痛み
・梨状筋の圧痛

c.尾骨部
発生
・尾骨骨折後や打撲などの外傷、長時間のデスクワーク自転車運転などで尾骨部の圧迫
・女性:月経周期前後に痛み

発生メカニズム
尾骨周囲の感覚神経過敏症と考えられる

症状
・仙骨部の疼痛・違和感、殿裂部の尾骨に圧痛
・ときに排尿、排便時のいきむ際に臀部に放散する痛み
保存療法で軽快するが、時に長期になることもある

筋筋膜性腰痛の治療法および固定法

急性期
消炎鎮痛:患部のアイシング、早期からの超音波
固定  :損傷の程度、既往歴の有無、患者のADL合わせて固定
固定目的:動きの制限、腹圧を高める

物理療法
目的:疼痛や血流改善。筋硬結の除去
電療・温熱・超音波:トリガーポイントとして筋辺縁部や硬結部、バリーの圧痛点領域を治療点とする
ときに介達牽引

バリーの圧痛点
坐骨神経が梨状筋下孔を通過して臀部や太腿の背側に出る部位

手技療法
揉捏法、伸長法
運動療法
腰椎前弯増強⇒ウィリアムズ体操、マッケンジー体操
梨状筋損傷⇒股伸展筋群の筋力増強

予後・指導
初発:適切な処置や患部の安静で予後は良好である
再発繰り返す:難治性になりことが多い
椎間板退行性変性:患者に説明し理解させて、再発や慢性化させないこと

e.その他の疾患
鑑別疾患
腰椎椎間板ヘルニア

腰部脊柱管狭窄症


脊椎分離すべり症

f.注意すべき疾患
・脊椎圧迫骨折
・腹部大動脈溜
・脊髄腫瘍
・原発性骨腫瘍
・癌の骨転移

慎重な観察や判断が必要で疑われる場合は早期に専門医へ依頼

参考文献

柔道整復学 理論編 改訂第6版 南江堂

整形外科学 改訂第4版 南江堂

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい