柔道整復学・理論編 各組織の損傷(脱臼・軟部組織)

脱臼・軟部組織

 

脱臼

脱臼の定義

「正常な関節面相互の解剖学的位置関係を失っている状態」

脱臼の分類

関節の性状による分類

➀外傷性脱臼

➁病的脱臼
関節に基礎的疾患があり、軽微な外力で発生する脱臼で、関節包の断裂はない。
(1)麻痺性脱臼:片麻痺患者の肩関節脱臼
(2)拡張性脱臼:急性化膿性股間節炎、股関節結核
(3)破壊性脱臼:関節リウマチ、手指の脱臼変形

脱臼の程度による分類

➀完全脱臼

➁不全脱臼

位置による分類

➀前方脱臼、後方脱臼

前方脱臼の図

 

➁上方脱臼、下方脱臼

 

上方脱臼の図

③側方脱臼

➃中心性脱臼

脱臼数による分類

➀単数脱臼
1か所の脱臼

複数脱臼(二重脱臼)
1本の骨で中枢と末梢の2か所で脱臼したもの。
例)鎖骨の胸鎖関節と肩鎖関節が同時に脱臼や、指骨の近位と遠位の脱臼

③多発脱臼
2か所以上の関節が同時に脱臼

創部との交通による分類

➀閉鎖性脱臼
被覆軟部組織損傷の伴わないもの

➁開放性脱臼(複雑脱臼)
被覆軟部組織損傷により関節腔と創部が交通しているもの

外力の働いた部位による分類

➀直達性脱臼
外力が直接関節に働いたもの

➁介達性脱臼
外力が他の部位に誘導されて離れた関節で脱臼したもの

脱臼時期による分類

➀先天性脱臼
胎児期での発育欠陥
・先天性股関節脱臼(現在は発育性股関節脱臼

➁後天性脱臼
出生後に、外傷や疾病などの原因によって発生

経過による分類

➀新鮮脱臼
受傷後数日以内のもの

➁陳旧性脱臼
数週間経過したもの
見逃されやすい脱臼
・モンテギア骨折時の橈骨頭
・月状骨掌側脱臼
・肩関節後方脱臼

頻度、機序による分類

➀反復性脱臼
外傷性脱臼に続発
・肩関節脱臼

➁習慣性脱臼
軟骨の発育障害、関節弛緩性のある場合に軽微な外力で発生
(顎関節、膝蓋骨脱臼)

③随意性脱臼
本人の意思で自由意志で脱臼を起こせる
(肩関節)

脱臼の症状

一般外傷症状

➀疼痛:持続性疼痛(連続的脱臼痛)
➁腫脹:骨折程著明でなく
③機能障害

脱臼の固有症状

➀弾発性固定
➁関節部の変形
(1)関節軸の変化
(2)関節自体の変形
(3)脱臼肢の変化:短縮、または延長
(4)関節腔の空虚

脱臼の合併症・整復障害

合併症

➀骨折
基本は脱臼から先に整復
※モンテギアは例外

➁血管、神経損傷

③軟部組織損傷
・皮膚損傷:細菌感染の危険性
・関節包の損傷:基本必発(顎関節脱臼、股関節中心性脱臼)
・靭帯損傷:部位、年齢、外力による

➃内臓損傷
・股関節中心性脱臼:骨盤内蔵器損傷
・胸鎖関節後方脱臼:気管損傷

 

整復障害

➀関節包による整復路の閉鎖(ボタン穴機構)

➁掌側板、種子骨の介入
第1中手指節関節にしばしばみられる

③筋腱、骨片による整復路の閉鎖
・第2MP関節の背側脱臼時に筋や腱などが作る井桁構造内へ中手骨頭嵌入
・上腕骨内側上顆骨折の骨片介入

➃支点となる骨の骨折
肩関節脱臼+上腕骨外科頸骨折
⇒徒手整復を不能にする

⑤筋、補強靭帯、関節包の緊張

⑥陳旧性離脱臼

軟部組織損傷

関節の基本構造

筋の損傷

直達外力:打撲
介達外力:肉離れ
と定義されることが多い。

時期による分類
➀急性:一度の外力で発生
➁亜急性:継続的に力が加わることで発生

筋損傷の程度による分類
第Ⅰ度:筋線維の断裂は認められない。筋の伸長により筋細胞の破壊状態
第Ⅱ度:部分断裂。一般に肉離れ状態で完全に断裂はしていない。
第Ⅲ度:完全断裂。筋腹間に陥凹あり。

腱の損傷

腱の性状による分類
➀外傷性腱損傷:外力が作用し発生。急性、亜急性に分けられる。
➁その他の腱損傷:病的状態(リウマチなど)

腱損傷の程度による分類
第Ⅰ度:腱線維の断裂なし。炎症による疼痛、腫脹など
第Ⅱ度:腱線維の部分断裂
第Ⅲ度:腱の完全断裂

抹消神経の損傷

末梢神経に加わる力
➀急性:直接的な外力、骨損傷・関節損傷に伴う圧迫、牽引力など。
➁亜急性:継続して力が加わることで発生。

神経損傷の程度
セドン分類
第Ⅰ度:一過性不動化(neurapraxia)
第Ⅱ度:軸索断裂(axonotmesis)
第Ⅲ度:神経断裂(neurotmesis)

サンダーランド分類
第Ⅰ度:限局性脱髄による伝達障害(neurapraxia)
第Ⅱ度:軸索のみ損傷(axonotmesis)
第Ⅲ度:軸索と神経内膜の損傷
第Ⅳ度:神経周膜まで損傷
第Ⅴ度:完全損傷(neurotmesis)

参考文献

「柔道整復術 理論編」改訂第6版

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい