整形外科学 腰椎椎間板ヘルニア

・腰椎椎間板ヘルニア

定義 

脊柱管内の突出した椎間板による馬尾神経根が圧迫される座骨神経痛を引き起こす疾患

腰椎椎間板ヘルニアのガイドライン

腰,下肢痛を有する(主に片側,ないしは片側優位)
安静時にも症状を有する
SLR70°以下陽性(ただし、高齢者では絶対条件でない
MRIなど画像所見で椎間板の突出がみられ、脊柱管狭窄所見を合併していない
症状と画像所見とが一致する

症状

・脊椎症状

⇒腰椎の前屈制限

⇒坐骨神経性側弯症

・神経根刺激徴候で下肢痛誘発

⇒下位神経根(L4/5、L5/S1テスト)テスト:SLRテスト、ラゼーグテスト(+)

⇒上位神経根(L2/3、L3/4テスト):FNSテスト

 

・神経脱落徴候

障害神経根領域に、神経障害(運動・感覚)が起こる

 

神経根 深部腱反射 支配筋 感覚 神経テスト
L4(L3/4) 膝蓋腱 前脛骨筋 膝内側部 FNSテスト
L5(L4/5) 長趾伸筋 下腿から足背中央 SLR,ラゼーグテスト
S1(L5/S1) アキレス腱反射 長腓骨筋 下腿下部外側から小指側 SLR,ラゼーグテスト

 

画像診断法

単純Ⅹ線、MRI、CT、脊髄造影、椎間板造影、神経根造影など

治療

緊急手術適応:膀胱直腸障害、進行する神経麻痺

 

急性腰痛発症:2日程度の床上安静が有効

局所安静処置⇒腰部固定帯、コルセット、消炎鎮痛剤の投与

座骨神経痛が消退しない場合⇒硬膜外ブロック

 

保存療法無効⇒手術的治療を考慮

 

手術法:ラブ法(後方侵襲による椎間板摘出術

近年は内視鏡視下手術も行われる

動画解説「説明に使える腰椎椎間板ヘルニア

※国試に関係のないことも入っています

参考文献

整形外科学 改訂第4版 南江堂

 

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. 2020年7月14日

    […] e.その他の疾患 鑑別疾患 ・腰椎椎間板ヘルニア […]

  2. 2020年7月21日

    […] 目的:腰椎椎間板ヘルニアの鑑別 […]

  3. 2020年7月21日

    […] 目的:上位椎間板ヘルニアの鑑別 […]

  4. 2020年8月13日

    […] ・神経根型:椎間板ヘルニアの合併、後方関節の肥厚、骨棘により外側陥凹部で神経根絞扼。保存有効例あり […]

  5. 2020年8月13日

    […] 目的:腰部椎間板ヘルニアの鑑別 […]

  6. 2020年8月13日

    […] SLRテスト+ブラガードテスト陽性⇒神経根緊張症状(腰椎椎間板ヘルニア等)の存在の証明 […]