柔道整復学 理論編 上腕骨近位端部骨折

上腕骨骨折

 

上腕骨近位端部骨折

(概要)
主に介達外力、少年期・高齢者に多い

(分類)
結節上骨折:骨頭部骨折、解剖頸骨折
結節下骨折:外科頸骨折、大結節骨折、小結節骨折、結節部貫通骨折
骨端線離開

骨頭部骨折

(発生)
激突などの肩部の強打
(症状)
1. 肩関節に打撲傷の様相。捻挫と誤診されやすい
2. 関節内血腫
3. 機能障害、内出血
4. 外科頸骨折、結節部骨折よりも腫脹は少ない
5. 激しい疼痛
6. 軸圧痛
(固定)
肩70°~80°、水平屈曲30~40°
(予後)
・関節内骨折のため骨癒合が起こりにくい。
・近位骨片は血流障害により阻血整骨壊死に陥る。
・外傷性関節症を起こすことがある。

 

解剖頸骨折

(概要)
関節内骨折、高齢者に多い
(発生)
転倒し肩部を強打
(症状)
1. 変形少ない。噛合骨折の場合わずかに短縮
2. 関節内血腫
3. 上腕の機能障害
4. 軋轢音
5. 自発痛、限局性圧痛は著明
(固定)
肩関節外転70~80°、水平屈曲30°~40°
(予後)
噛合骨折は経過良好
高齢者の場合骨癒合が悪く、長期固定により関節拘縮・機能障害
骨頭壊死、外傷性関節症

外科頸骨折

(概要)
高齢者に好発。代表的な骨折

(発生)
転倒時に肘や手をついたりする、介達多い

(分類)
外転型(遠位骨片が外転位)

内転型(遠位骨片が内転位)

 

 

 

(症状)
1. 骨折血腫著明
2. 肩関節前方脱臼に類似するが、三角筋の膨隆は消失しない
3. 皮下出血班(上腕内側~前胸部)
4. 機能障害、限局性圧痛。噛合の場合はわずかに自動運動可能

(転位・変形)
骨軸 変形 固定
外転型骨折: 骨折端部が内方 前内方凸 内転位固定
内転型骨折: 骨折端部が外方 前外方凸 外転位固定

(固定)
外転型:2~3週間後に良肢位に直す。

外転副子、ミッデルドルフ三角副子、ハンディンングキャストなど

(合併症・続発症・後遺症)
1.肩関節脱臼
2.血管損傷
3.神経損傷⇒腋窩神経(三角筋まひ)
4.肩関節亜脱臼(固定中にみられる骨頭の下方移動に伴う不安定性
5.機能障害⇒肩関節の拘縮。特に外転・外旋制限

大結節単独骨折

(発生)
直達または付着筋の裂離骨折
肩関節前方脱臼に合併することが多い
(治療・固定)
転位少:提肘
転位大:外転外旋位固定。整復不良で観血療法

小結節単独骨折

(発生)
直達または裂離骨折。きわめてまれ
肩関節後方脱臼に合併することがある。
(治療・備考)
肩関節下垂内旋位で安静保持。
上腕二頭筋長頭腱脱臼を合併することがある。

 

fukuchan

柔道整復師、鍼灸師、医薬品登録販売者として治療院を開業しています。 柔道整復師、鍼灸師を目指す学生さん向けに、オリジナルイラストを使って教科書をわかりやすくして発信しています。

あわせて読みたい